中島税理士・行政書士事務所 公益法人・NPO法人の認定・登記・会計・税務に特化した税理士・行政書士事務所
中島税理士・行政書士事務所 公益法人コンサルタント
     〒106-0032 東京都港区六本木3−1−24 ロイクラトン六本木9F
0120-535-114
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
サイトマップ お問い合せ
HOME 事務所案内 WHAT'SNEW 取扱い業務 リンク お問い合せ
新会計基準の財務諸表


新会計基準適用年度以前に「会計処理規程」を変更する理事会承認を得る必要があります。


計算書の種類

ポイント解説

開示すべき決算書類(財務諸表)

・貸借対照表

@「特定資産」が区分掲記
A
正味財産が「指定正味財産」「一般正味財産」に二区分

・正味財産増減計算書

@フロー式に統一(ストック式は廃止)
A
正味財産が「指定正味財産」「一般正味財産」に二区分

・財産目録

 

・キャッシュフロー計算書

大規模法人に限る

開示しなくてよい内部管理資料

収支予算書

「事業活動収支の部」「投資活動収支の部」「財務活動収支の部」に三区分

収支計算書

@「事業活動収支の部」「投資活動収支の部」「財務活動収支の部」に三区分
A
注記の種類を最小限に縮小




作成・保管の必要のある会計帳簿

主要簿

仕訳帳 総勘定元帳
補助簿

現金出納帳

預金出納帳

固定資産台帳

基本財産台帳

特定資産台帳

会費台帳

指定正味財産台帳



新公益法人会計基準になって変更された財務諸表


貸借対照表関係


固定資産の部に「特定資産の部」を新設


正味財産の部は「指定正味財産」「一般正味財産」に区分


前年度と当年度の比較形式


貸借対照表総括表


特別会計がある財団では「貸借対照表総括表」を作成しなければならない。
@
会計単位相互間の債権・債務が一致していることの確認
A
会計単位相互間の債権・債務は内部取引消去欄で相殺消去する。
B
大科目および中科目まで表示(小科目は省略




収支予算書



収支予算書の構成と作成時の留意点


項目
留意点

T 事業活動収支の部

事業活動収入
基本財産からの収入「基本財産運用収入」
運用財産からの収入「雑収入」

事業活動支出
 

事業費支出

事業費は管理費を上回っていること
特定事業費は付随事業費を上回っていること
特定公益増進法人であ特定事業費は総事業費の70%以上を占めること

 
管理費支出

管理費は事業費を下回っていること。

U
 投資活動収支の部

投資活動収入
 
投資活動支出
 

V 財務活動収支の部
財務活動収入
 
財務活動支出
 

W
 予備費支出


次期繰越収支差額


収支均衡が理想





財務諸表の注記


(1)

資産の評価基準及び評価方法

 

1.有価証券の評価基準及び評価方法

2.棚卸資産の評価基準及び評価方法

3.固定資産の減価償却方法

4.引当金の計上基準

  @貸倒引当金

  A賞与引当金

  B退職給付引当金

5.リース取引の処理方法

6.消費税等の会計処理

(2)

重要な会計方針を変更したときは、その旨、変更の理由及び当該変更による影響額

(3)

基本財産及び特定資産の財源等の内訳

(4)

担保に供している資産

(5)

固定資産について減価償却累計額を直接控除した残額のみを記載した場合には、当該資産の取得価額、減価償却累計額及び当期末残高

(6)

債権について貸倒引当金を直接控除した残額のみを記載した場合には、当該債権の債権金額、貸倒引当金の当期末残高及び当該債権の当期末残高

(7)

保証債務等の偶発債務

(8)

満期保有目的の債券の内訳並びに帳簿価額、時価及び評価損益

(9)

補助金等の内訳並びに交付者、当期の増減額及び残高

(10)

指定正味財産から一般正味財産への振替額の内訳

(11)

関連当事者との取引の内容

(12)

重要な後発事象

(13)

その公益法人の資産、負債及び正味財産の状態並びに正味財産増減の状況を明らかにするために必要な事項

(14)

資金の範囲(キャッシュフロー計算書)

(15)

重要な非資金取引(キャッシュフロー計算書)



<新公益法人会計基準の財務諸表例>

貸借対照表
平成日現在

正味財産増減計算書
平成日から平成まで

T資産の部

1.流動資産

現金預金

受取手形

未収会費

有価証券

繰延税金資産

(貸倒引当金)

流動資産合計

2.固定資産

(1)基本財産

土地

建物

投資有価証券

減価償却引当資産

(減価償却累計額)

(減損損失累計額)

基本財産合計

(2)特定資産

退職給付引当資産

減価償却引当資産

特定資産合計

(3)その他固定資産

土地

建物

(減価償却累計額)

(減損損失累計額)

投資有価証券

子会社株式

関連会社株式

繰延税金資産

貸倒引当金

その他固定資産合計

固定資産合計

資産合計

U負債の部

1.流動負債

支払手形

未払金

短期借入金

賞与引当金

未払法人税等

未払消費税等

繰延税金負債

流動負債合計

2.固定負債

長期借入金

退職給付引当金

受入保証金

繰延税金負債

固定負債合計

負債合計

V正味財産の部

1.指定正味財産

国庫補助金(助成金)

地方団体補助金(助成金)

民間補助金(助成金)

負担金

寄付金

受贈土地

受贈投資有価証券

指定正味財産合計

(うち基本財産への充当額)

(うち特定資産への充当額)

2.一般正味財産

(うち基本財産への充当額)

(うち特定資産への充当額)

正味財産合計

負債及び正味財産合計

T一般正味財産増減の部

1.経常増減の部

(1)経常収益

@基本財産運用益

基本財産受取利息

基本財産受取配当金

A特定資産運用益

特定資産受取利息

特定資産受取配当金

B受取入会金

受取入会金

C事業収益

事業収益

D受取補助金等

受取国庫補助金(助成金)

E受取寄付金

受取寄付金

F雑収益

受取利息

有価証券運用益

雑収益

経常収益計

(2)経常費用

@事業費

役員報酬

退職給付費用

賞与引当金繰入

減価償却費

A管理費

役員報酬

退職給付費用

賞与引当金繰入

減価償却費

有価証券運用損

経常費用計

当期経常増減額

2.経常外増減の部

(1)経常外収益

@基本財産評価益

基本財産評価益

A固定資産売却益

建物売却益

電話加入権売却益

B投資有価証券売却益

投資有価証券売却益

C固定資産受贈益

土地受贈益

経常外収益計

(2)経常外費用

@基本財産評価損

基本財産評価損

A有価証券売却損

有価証券売却損

B固定資産売却損

建物売却損

電話加入権売却損

C投資有価証券売却損

投資有価証券売却損

D過年度費用

過年度減価償却費

減損損失

建物減損損失

経常外費用計

当期経常外増減額

当期一般正味財産増減額

一般正味財産期首残高

一般正味財産期末残高

U指定正味財産増減の部

@受取補助金(助成金)

受取国庫補助金(助成金)

A受取寄付金

受取寄付金

B固定資産受贈益

土地受贈益

C基本財産運用益

基本財産受取利息

D基本財産評価益

基本財産評価益

E特定資産評価益

特定資産評価益

F基本財産評価損

基本財産評価損

G特定資産評価損

特定資産評価損

H一般財産へ振替

一般財産へ振替

国庫補助金

寄付金

土地

当期指定正味財産増減額

指定正味財産期首残高

指定正味財産期末残高

V正味財産期末残高



お問い合せ




中島税理士・行政書士事務所
〒106−0032 東京都港区六本木3−1−24 ロイクラトン六本木9F
TEL : 03−3586−1701  FAX : 03−3586−1702
E-mail : info@kouekikaikei.com

Copyright(C)2008 Nakashima Accountancy & Lawyer's Firm All Rihgts Reserved.